トイレの水トラブル

トイレを詰まらせないために!日常でできる予防策まとめ

水道業者に来る依頼の中で、最も多いのが【トイレがつまった】というご依頼です。

トイレのつまりを解消させるには、ご自身で行うにしても、プロに任せるにしても、一度つまりが発生してしまうと便器には負担がかかってしまいますので、【そもそも、トイレをつまらせない】ようにしておくというのがベストです。

そこで、この記事では普段の使い方の中で、トイレを詰まらせないためのポイントをご紹介していきます。

トイレットペーパーは流しすぎない

トイレのつまりの原因で一番多いのが、トイレットペーパーの流しすぎなんです。

用を足した後だけではなく、掃除にトイレットペーパーをご使用の方も、一度に大量に流してしまうのはつまりの原因になってしまうので注意が必要で、流すトイレットペーパーの量が多くなりそうな時は、小分けにして流すようにしてください。

一度に流せる量は、目安としてテニスボール大のトイレットペーパー10個前後までです。

トイレットペーパー以外のものは極力流さない

トイレって、細かい物ならなんでも流せるんじゃないの?
いいえ、基本的にトイレに流して良いのはトイレットペーパーだけです。

カレーやラーメンの汁などの残飯をトイレに流してしまう方もいらっしゃいますが、油分便器内だけではなく、排水管内にもこびり付き固まってしまう事があります。

液体類だけではなく固形物が混ざっていると、さらにつまりの原因になる可能性が高く、一見流れたように見えても、奥で引っかかってしまうと、そこにどんどん流された物が引っかかっていき、最終的には水が流れる穴が完全に塞がりつまってしまいますので、トイレットペーパー以外の物は極力流さないようにしてください。

流せるシート・猫砂も要注意

え?!トイレ用のお掃除シート、トイレに流せるって書いてある物を使ってるけど、流しちゃいけないの?

トイレに流せる】という謳い文句で販売されている商品が数多くありますが、先述した通り基本的にトイレに流して良いのはトイレットペーパーだけで、お掃除シートや猫砂などは、本来トイレに流す物ではありません

どうしてもトイレに流したいという場合は、必ず小分けにして流すようにしてください。

ちゃんと定期的に掃除する

トイレつまりの予防策で最も有効なのは、定期的なトイレ掃除です。

トイレットペーパー以外の物を流さないように気を付ける事ももちろん大切ですが、日常の使用による汚れの蓄積の影響は大きく、汚れがひどくなるとつまりやすくなってしまいます

最近は、ブラシでこする必要のないトイレ用洗剤なども販売されていて、昔に比べるとトイレ掃除も楽に行えるようになりました。

汚れがひどくなってから掃除をするのは大変なので、便利な洗剤などを上手く取り入れ、トイレつまりの予防のためにもキレイな状態をキープできるようにしておくのが理想的です。

まとめ

使用年数や使用環境などによっても異なりますが、基本的にトイレは普通に使用し掃除も行き届いている状態であれば、頻繁につまりが発生してしまうような事はありません。

しかし、間違った使い方をすれば簡単につまってしまう場所でもありますので、正しく使用するようにしておけば、それだけでトイレつまりの予防に繋がります。

 

もしも、トイレがつまってしまった時はこちらの記事を参考になさってください↓

-トイレの水トラブル

© 2021 水道トラブル研究所