トイレの水トラブル

トイレの床に水が溜まっている時の原因と対処方法

えっ?!トイレの床に水が溜まってる!どうしよう・・・

トイレに水をこぼしたりした覚えがないのに、トイレの床に水が溜まっている…

どのご家庭でも、発生してしまう可能性のあるトラブルです。

この記事では、トイレの床に水が溜まってしまう原因と、発生した時の対処方法をご紹介していきます。

水の量が多い場合、止水栓を締めよう

床に漏れている水の量が多い場合は、まずは止水栓を締めてください

トイレの止水栓

止水栓は、トイレのタンクに繋がっている給水管の途中にあり、マイナスドライバーなどを使って締める事ができます。

水漏れの原因箇所が止水栓よりも先の場所であれば、止水栓を締める事でとりあえず水は止まりますが、止水栓を締めた後にも水漏れが止まらなければ、原因は止水栓の手前にある事が考えられます。

原因箇所を見つけよう

床に漏れている水を辿って、どこから水が漏れてきているかを突き止めましょう。

原因箇所として疑わしいのは、給水管や接続部分で緩みが生じていたり、ヒビが発生しているなどです。

または、トイレ本体やタンクにヒビ割れが生じているケースもあります。

給水管が原因なら治る可能性あり

原因箇所を特定した結果、給水管からの水漏れの場合、業者に頼まずにDIYで修理できる事もあります

ナットなどの接続部分だった場合は締め直す

修理作業を行う前に、必ず止水栓を締めてください。

修理を行う時は【ナットならスパナ】など、適切な工具を使用する事が大切で、ペンチなどを使って無理に行うと壊してしまう可能性があり危険です。

また、接続部分を締めても症状に変化がない場合、内部のパッキンが劣化していたり、割れていたりする可能性があるので、お使いのトイレに合うパッキンを購入し新しい物と交換する事で修理が可能になります。

給水管の途中にヒビなどがあった場合は給水管の交換

給水管にヒビがある場合は、フレックス管を使用すればDIYでの修理も可能ですが、自信がない方は業者に依頼したほうが確実で安心です。

タンクやトイレのヒビは業者に任せよう

トイレ本体やタンクにヒビが生じ水漏れが発生している場合、時間の都合などですぐに業者を呼べない時は、応急処置としてテープやパテで埋めてしまう事で一時的に水漏れを抑えておく事ができます

しかし、耐久性は低いので早めにきちんとした修理を行う必要があります。

ヒビ割れなどの状態がひどければ、トイレ本体の交換が必要になるケースもあります。

まとめ

トイレの床に水が溜まっている時は、まずは落ち着いて原因箇所を特定する事が重要です。

不具合発生箇所によってはDIYでの修理も可能ですが、自分で修理を行うのが難しい場合は早めに業者に相談するようにしてくださいね。

 

-トイレの水トラブル

© 2021 水道トラブル研究所