水トラブルの基礎知識

水漏れで下の階に被害を出してしまったら損害賠償?保険で払うことはできる?

  • 旅行で自宅に在宅していない間に、水漏れが発生していた…
  • 目視できない場所で水漏れが起きていて、下の階に浸水していた
このような水漏れなどのトラブルが発生し、誰かに被害を与えてしまった時に、どのように賠償すれば良いのか?保険は適応されるのか?について、解説していきます。

重大な過失がなければ『個人賠償責任保険』で対応可能

個人賠償責任保険とは?

水漏れなどに限らず、日常生活の中で他人に損害を与えてしまった時に、重大な過失がなければ適用される保険の事です。

個人賠償責任保険は、一般的には火災保険や自動車保険の特約として加入しているケースが多い保険となります。

賃貸物件の場合は、契約をする時に加入する火災保険に付帯されていますので、ご加入されている火災保険の契約内容を一度確認しておくと良いですよ。

個人賠償責任保険に加入していない場合や、過失があると自己負担で賠償が必要に

個人賠償責任保険に加入していない場合、水漏れを発生させてしまうなどで他人に何かしらの損害を与えてしまった際には、全て自己負担で賠償しなければならない義務が発生します。

注意ポイント

お風呂の水を出しっぱなしにしてしまったなど、自分の不注意による過失が原因の場合も、火災保険などでは保証対象の適用外となるため、自己負担での賠償となります。

個人賠償責任保険は月額数百円で加入する事が可能で、最大で1億円程度の補償を受けることができる非常にコスパの良い保険です。

未加入の方は、加入しておく事をオススメいたします。

逆に自分が、他人のせいで被害を受けてしまった場合

もし他人が発生させてしまった水関係のトラブルで、何かしらの被害を受けてしまった場合、先方からの賠償は相手の個人賠償責任保険を使って、保険会社から支払われるケースが多く、被害の原因が【個人】ではなく、【マンションの共有部分】にあった場合は、マンションの管理組合が加入している賠償責任保険で支払われる事がほとんどです。

いずれにしても、補償されるのは【時価額】で、実際に被害を受けた物の修繕に必要な費用には不足する場合が多いため、不足した費用の差額分は自分の火災保険から【水ぬれ】として補償してもらう必要があります。※詳細については後述します。

ほとんどの保険は後から支払われるため、修繕費用は立て替えておく必要があります。

メモ

被害状況や、修理業者とのやり取りなどをしっかりと記録して残しておく事で、確実な補償を受ける事ができます。

保険における『新価(再調達価格)』と『時価額』

例えば、2年前に20万円で購入したパソコンを所有していたとします。

このパソコンが水漏れなどで壊れてしまった場合、いくらまで補償されるのか2つの考え方があります。

その1:新価

  全く同じ物を改めて購入(再調達)するためには 、20万円が必要なので補償額は20万円。という考え方。

その2:時価

  パソコンの法定耐用年数は4年なので、2年前に購入した=すでにパソコンの価値は半分失われており、補償額は購入価格の半分の10万円。という考え方。

考え方としては上記の2つがありますが、基本的に個人賠償責任保険で支払われる額は時価のほうになります。

そのため、壊れてしまったパソコンと同程度の物を再度購入するには、差額分を自分の保険で補償してもらうか、自腹で負担する必要があります。

まとめ

自宅で水漏れなどが発生し、他人に被害を与えてしまった場合個人賠償責任保険に加入していれば、重大な過失がない限り保険が適用されます。

逆に、他人から水トラブルで何かしらの被害を受けた場合も、相手が加入していれば個人賠償責任保険から賠償されます。

壊れた物に対しては時価で支払われるので、必ずしも全額が補償されるわけではありません。

いずれにしても、万が一に備えて個人賠償責任保険には加入しておいた方が良いですよ。

 

-水トラブルの基礎知識

© 2021 水道トラブル研究所