お風呂・洗面所の水トラブル

ジェル状パイプクリーナーにご注意!逆に排水口つまりの原因になってしまう場合も!?

家の中にある、排水口や排水管の奥を気軽に掃除する事ができる、ジェル状のパイプクリーナーはとても便利ですよね。

悪臭の発生を防ぐ事もできるので、使用した事がある方も多いかと思います。

しかし!!ジェル状のパイプクリーナーは、使い方によっては排水管のつまりを悪化させてしまう事があります

この記事では、ジェル状パイプクリーナーを使用する時のポイントや、注意点をご紹介していきます。

ジェル状パイプクリーナーがつまりを解消する仕組み

パイプユニッシュ

Amazonより引用

ジェル状パイプクリーナーを使用した事がない方でも、パイプユニッシュやパイプマンなどの名前を一度は耳にした事があるかと思います。

パイプクリーナーは排水管の中につまっている髪の毛や皮脂などを、強力なアルカリ性で溶かして詰まりを解消するという働きをしてくれます。

また、ジェル状で粘度が高いため、排水管の中にしっかりと密着し滞留する事で、こびりついている頑固な汚れも溶かしてくれます。

基本的には『混ぜるな危険』

注意ポイント

市販されているパイプクリーナーのほとんどは【強アルカリ性】で、漂白剤などの塩素系洗剤と同じ枠のものになります。酸素系の洗剤と混ぜると塩素ガスが発生してしまい、大変危険です。

逆に詰まりの原因になってしまうケース

ジェルパイプクリーナーを使って、つまりが悪化してしまう可能性が高いのは、【排水管の中に蓄積しているゴミの量が多いご家庭】でのご使用です。

蓄積しているゴミが多いと詰まるのは何故?

パイプクリーナーは、髪の毛や皮脂を溶かす働きをしてくれますが、完全に全てを溶かしきるというのは不可能です。

しかし、排水管の壁面にこびりついている蓄積した汚れをふやかしてくれるので、汚れの塊は排水管の中で剥がれ落ちます。

長さのある排水管の至るところで汚れがポロポロと剥がれ落ち、それが排水管の奥に溜まってしまう事で、排水管の穴を塞いでしまうのです。

パイプクリーナーの影響で剥がれ落ちた汚れが、排水管の奥で大きな塊になってしまうと、再度パイプクリーナーを流したとしてもなかなか溶けてくれない上に、ワイヤーなどを使用しても除去しづらい状況になってしまいます。

先述した通り、ジェル状のパイプクリーナーは、少量であれば髪の毛や皮脂を溶かしてくれるので、排水管のつまりや悪臭の発生を防いでくれます。

日々のメンテナンスとしてパイプクリーナーを使用するのは大変有効ですが、排水管がほぼつまりかけた状態を改善するような効果には、期待できません

あれ?なんだか最近、水の流れが悪くなっているな〜』と感じてから使用しても、手遅れどころか、さらにつまりを悪化させてしまう危険もあります。

排水管は目に見えない部分なので、お手入れがおろそかになってしまう事もありますが、こまめに掃除しておく事がとても大切です。

パイプクリーナーで詰まりが悪化してしまったら

パイプクリーナーを使用した事で、排水管のつまりが悪化してしまった場合は、すっぽん(ラバーカップ)を使用し塊を動かす事ができれば、解消する可能性もあります。

パイプクリーナーを使用し、規定の放置時間を超えて長時間放置してしまった場合、排水管の奥で塊になった汚れの水分が抜けていき、ガチガチに硬く固まってしまいます。

ここまでになると、自力でなんとかするのは非常に難しいため、プロに依頼する事をオススメいたします。

まとめ

日々の排水管のお手入れに、市販のジェル状パイプクリーナーを取り入れるのはとても有効ですが、排水管の汚れが酷い場合はつまりが悪化する事も少なくありませんので、注意が必要です。

排水口は普段から掃除しているから排水管も綺麗だと思っていても、実は汚れが蓄積している事もあります。パイプクリーナーを使用する際は、放置時間などをしっかり守って正しく使うようにしてください。

-お風呂・洗面所の水トラブル

© 2021 水道トラブル研究所