お風呂・洗面所の水トラブル

お風呂の天井・脱衣場にカビが発生!?掃除の方法と予防まとめ

入浴中にふと天井を見上げると、カビが…

脱衣場の壁や天井に、黒い点々が…

そんな経験はありませんか?

この記事では、浴室や脱衣場にカビが発生してしまった時のお掃除の方法と、その後の予防方法についてご紹介していきます。

カビ最大の原因は湿気。予防にはとにかく換気を徹底するのが基本

基本的にカビは湿気が大好物で、ジメジメとした場所に発生します。

カビを予防するためには、一にも二にも換気をする事がとても大切で、浴室の場合入浴時以外は24時間換気しておきましょう。

そして、入浴後は天井や壁を雑巾などで拭くか、水切りワイパーなどで水分を取り除いておく事が理想的で、水分が少ない状態にしておくと浴室全体が乾くのも早くなりますので、カビの大好物である湿気を排除する事ができます。

また、浴室乾燥の機能がある場合は、定期的に使用しておくとカビ発生の予防に大変有効ですので、オススメです。

お風呂の壁や天井のカビ除去グッズ

浴室の壁面や天井の表面のみに発生しているカビは、浴室用洗剤で簡単に落とす事が可能ですが、壁の奥の方までカビが繁殖してしまっている場合は、漂白剤を使って落とさなければなりません。

漂白剤って、漂白(白く)してくれるだけじゃないの?カビの菌は残ってしまわない?
漂白剤には殺菌効果もありますので、カビ菌をしっかりと撃退してくれるんですよ!

カビ掃除のポイント

まずは、スポンジと普通の浴室用洗剤を使用し、表面に付着しているカビを取り除いておきます。

天井を行う場合は、フローリングワイパーなど柄の付いた掃除用具を使用すると、楽に作業を行う事ができます。

水分が残っている状態に漂白剤を使用すると、効果が減ってしまいますので、表面の掃除が完了したらしっかりと乾燥させておいてください

注意ポイント

漂白剤を使用する時は、換気をしっかりと行った上で、揮発成分を吸い込まないようマスクを2枚重ねで装着するなどしてください。

また、天井に漂白剤を塗布する際は垂れてきて目に入ってしまう恐れがありますので、保護メガネなどを装着してから行ってください。(防塵用などの保護メガネは100円ショップにも販売してあります。)

お風呂のカビ除去グッズ①カビキラー・カビハイター

カビ取り用洗剤で広く知られているのが、カビキラーカビハイターですが、どちらも大きな違いはありませんので、価格など購入しやすい方を選んでおけばOKです。

壁面のカビ取りを行う際などに、カビ取り用洗剤の泡が密着せず垂れてきてしまうようであれば、上からラップを貼ってパックしておくと、垂れずに済むので効率的にカビ取りを行う事ができます。

天井にスプレーする際は、目に入らないように保護メガネを装着するなど、十分に注意してください。

カビ取り用洗剤を塗布し終えたら5〜10分放置し、頑固なカビは30分放置してからしっかりと洗い流してください。

お風呂のカビ除去グッズ②塩素系漂白剤&片栗粉ペースト

泡タイプのカビ取り用洗剤だと泡が垂れてしまい、十分な効果を得られなかった時は、塩素系漂白剤&片栗粉でペーストを作ってのカビ取りもオススメです。

塩素系漂白剤&片栗粉ペーストの作り方

片栗粉塩素系漂白剤で溶いて、漂白クリームを作ります。
ゆる過ぎるとカビの上に置いた時に垂れてしまうので、少し固めだなと思うくらいでも良いかもしれません。この時、素手で混ぜたりしないように注意してください。

天井や壁などの広範囲に漂白クリームを塗布する際は、ゴム手袋を装着した状態でスポンジなどを使用して塗り広げてください。

ゴムパッキンなどの細かい箇所には、使用済みの割り箸や歯ブラシを使用すると塗布しやすいかと思います。

カビ部分に塗布が完了したら10分〜15分程度放置して、水でしっかりと洗い流してください。

お風呂のカビ予防グッズ

頑張って浴室のカビ取りを行ったら、できるだけ長くその状態を保つために、カビの発生を防止してくれるグッズを取り入れると、カビが発生しづらくなるのでオススメです。

お風呂のカビ予防グッズ①:防カビくん煙剤

カビの発生を抑制してくれる防カビくん煙剤は、カビの原因になるカビ胞子の成長を妨ぐ効果があり、置型のスプレー缶になっている事が多く、ワンプッシュで浴室全体にくん煙剤が行き渡るため、天井や掃除のしにくい細かい箇所まで一気にカビの発生を防止する事ができます。

0〜1ヶ月に1度の使用が、推奨されています。

お風呂のカビ予防グッズ①:防カビ侍アルコールタイプ

スプレータイプの強力なカビ防止剤で、アルコールで除菌し、浴室の壁や天井などのカビが侵入しやすい細かい凹凸をコーティングして、カビ胞子が近寄れない状態になり、一度散布しておくと1年〜最長3年間カビを防止してくれます。

また、アルコールがOKな場所にはどこにでも使用できるので、エアコン、押入れ、寝具、カーテンなどのカビが好む様々な場所にも使用できるスグレモノです。

脱衣所の壁紙のカビ除去グッズ

あまり気にせず水やカビ取りの洗剤を使用できる浴室と異なり、脱衣所の壁紙は水に弱いので、浴室と同じ方法ではカビ取りを行えません。

そこで、脱衣所の壁紙にも使用できるカビ取りグッズをご紹介します。

脱衣所のカビ除去グッズ①アルコールスプレー

カビはアルコールに弱いため、一般的な除菌用のアルコールを壁に吹きかけ拭き取るだけでも、一定の効果を得られます。

使用するアルコールはエタノール濃度が70%〜80%程度の物が理想的で、アルコールはすぐに気化するので、壁紙などほとんどの素材に使用することができます。

小さなお子様やペットがいるご家庭でも、有害な成分が含まれていないので安心して使用できるのもメリットの1つです。

しかし、アルコールはあくまで除菌に有効なだけで、漂白作用はありませんので、すでにカビの影響で黒くなってしまっている壁紙を白くするという効果は得られません

カビ除去グッズ②カビホワイト

プロ仕様として使われているほどの、高濃度の塩素系カビ取り剤です。

カビホワイトはスプレーを吹きかけたあとの薬剤は揮発し、完全に乾くと人畜無害になるので、洗い流す事が難しい壁紙などにも使用できます。

室内の一般的な壁にも使用可能ですし、土壁やコンクリートにも使用可能で、黒カビだけではなく、青カビ、赤カビなど様々なカビを除去する事ができます。

脱衣所のカビ予防グッズ

カビを取り除いたあとは、カビの発生を抑制したいのは浴室も脱衣所でも同じですよね。

脱衣所にも最適な防カビグッズがありますので、ご紹介していきます。

防カビ侍 水性タイプ

アルコール成分と相性の悪い木材や、ペンキの塗装面にも使用できる防カビ剤です。

カビ取りを行い綺麗になった状態の壁などにスプレーすると、壁をしっかりとコーティングし最長3年間カビをバリアしてくれます。

※ご自宅の壁がアルコールに強ければ、アルコールタイプのほうがよりオススメです。

カビホワイト カビ防止スプレー

壁紙や洗面台などに使用できる、防カビスプレーです。

スプレーした箇所に長期間アルコールが留まる事で、カビの餌になるバクテリアも完全にブロックしてくれます。

また、バクテリアすら発生させないほどの除菌効果があるため、カビ防止だけではなく消臭効果にも高い効果を発揮してくれます。

まとめ

一度カビが発生してしまうと、何度も繰り返し出てきてしまうので、普段から浴室や脱衣所などの湿気が溜まりやすい場所はしっかりと換気を行っておくことが何よりも大切です。

頑張ってカビ取り掃除を行ったあとは、防カビグッズを上手く取り入れて、カビが再発しないようにしておきましょう。

 

-お風呂・洗面所の水トラブル

© 2021 水道トラブル研究所